メニュー

銀行からお金を借りる時に知っておくと便利な事

審査は厳しいけれど

沢山の1万円札

銀行からお金を借りるメリットには、総量規制の対象外という点があげられます。

貸金業法によって決められている総量規制は、収入に対して借入額が3分の1を超えてはいけないというルールです。 消費者金融には適用となりますが、銀行の場合には銀行法が適用されるので、銀行からの借り入れでは他社からの借り入れなどが収入の3分の1を超えている場合でも、銀行が返済能力ありと判断すれば借りることができます。

ただし、銀行は独自に審査基準を設けている場合が多く、消費者金融と比べると審査は厳しくなっています。 その中でも特に、農協や労働金庫、信用金庫などはお金を借りる際の金利面ではとても優遇されているというメリットがある反面、審査が厳しいだけでなく審査に1週間~2週間と言う期間がかかってしまうため、急いでいる時には間に合わないというデメリットがあります。

時間に余裕があり、返済能力もあって審査に通る自信がある人なら、金利面で優遇されている銀行からお金を借りる方法がベストといえます。

預貯金口座を持っていると借りやすい

銀行からお金を借りる場合、その銀行にすでに預貯金口座を持っていると借りやすくなる場合があります。

銀行口座を開設する際には本人確認の書類を提出しますし、取引内容を見れば収入などもはっきり確認できます。 そのため、場合によっては主婦やパートなど収入が安定しない人でも口座を持っていてメイン口座として使っている銀行のキャッシング商品なら審査に通って借りられる場合もあるようです。

銀行口座とキャッシング口座を持っている場合、二つのカードではなく一体型のカードとして使えることも、銀行からお金を借りるメリットといえます。 毎月の返済も口座引き落としで対応してくれるので、返済遅延などのトラブルが起こりにくくなるのも銀行の特徴と言えるでしょう。

近年では申し込んだ当日に借入できるキャッシングも多くなっているので、ぜひメインバンクからチェックしてみてはいかがでしょうか?